資格・学習のIT創研ホームページへ TLTソフトのお申し込み TLTソフトを法人・団体などでご活用になりたい方はこちらから
特定商取引に関する表記に関して
更新日  2016年10月7日
センター英語 重要英単熟語1000
e-learning講座開設

センター英語必須の単熟語習熟による総合基礎対策です。
学習するのは、中学校で学ぶ単語を除く「センター英語用700単語と300熟語」。
TLTソフトでは、これらセンター英語の頻出重要単語を、「英‐和」「和‐英」「例文演習」の3つの学習形式により演習します。
語と文を関連付けながら語彙力アップを図ります。

個別講座はクリック
語学資格受験対策TLTソフト
 
 
   
   
 
 
 
 
   
   
 
 
 
 
 
     
 
  toeic 試験750点対策TLTソフト  センター英語 重要英単塾語1000

  (お申し込みから6か月学習)

  ¥20,520円

※送料・消費税込み、代引手数料弊社負担

   
         
 
     
 

重要単熟語1000 英-和

英単熟語の意味や文中での役割を、その単熟語の日本語の意味を答えることで確認、学習します。ンター英語必須の単熟語習熟による総合基礎対策です。

重要単熟語1000(英-和) 問題画面

  

1. 学習を開始すると、パソコン画面に語句と用例文が英語で表示され、TLTソフトが、その語句の音声を自動的に再生します。音声を聴くことは、語学学習にはとても重要なことです。


2. 単熟語と用例を確認し、その日本語の意味の頭一音文をひらがなで入力します。
例の場合、「consumer = 消費者」なので、 「消費者」の頭一音分のひらがな「しょ」を入力します。

 

3. 正解ならマルが表示され、間違うとバツ表示がでます。知らない語彙や、間違えた語彙はTLTソフトが記録し、それらの語彙のみを集中的にトレーニングし、しっかりと記憶に定着させます。 このように、「ワンタッチ判定」と「習熟管理機能」が、合理的な超速習を可能にします。

 
 

重要単熟語1000(和-英、例文演習)

重要単熟語1000(和-英) 問題画面

  

重要単熟語1000(例文演習) 問題画面

英単熟語を覚えても、英文中で使用できなければ意味がありません。
「和-英」「例文演習」のセクションでは、空欄に単熟語を入力し、英文を完成させるなどの学習をします。
また、音声をしっかり聞くことで、リスニング力の向上にもつながります。



学習内容一覧

大学受験 重要英単熟語1000 英-和

科目名

ステップ数

問題数

単語

28

700

熟語

12

300


大学受験 重要英単熟語1000 和-英

科目名

ステップ数

問題数

単語

28

700

熟語

12

300


大学受験 重要英単熟語1000 例文演習

科目名

ステップ数

問題数

例文(単語対応)

56

1400

例文(派生語)

28

700

例文(熟語対応)

12

300

 

 
 

 


受講料金その他動作環境など


収録問題数

4,400題

標準学習時間

36時間

受講期間

6か月(受講期間延長可)

受講料金

20,520円(6か月)※送料・消費税込、代引手数料弊社負担

動作環境

Windows

OS

Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows RT、Windows 10

Webブラウザ

Microsoft Internet Explorer 9、10、11、Microsoft Edge、Google Chrome ※1

その他

各ブラウザでMP3 ファイルが正常に再生できること

Macintosh

OS

MacOS10.8(Mountain Lion)、 MacOS10.9 (Mavericks)、 MacOS10.10 (Yosemite)、 MacOS10.11 (El Capitan)

Webブラウザ

Safari 7、8、9

その他

QuickTimeがインストールされており、MP3ファイルが正常に再生できること

iOS(iPad、iPhone、iPod touch)

OS

iOS 6、iOS 7、iOS 8、iOS 9

Webブラウザ

Mobile Safari(iOS標準搭載のブラウザ)

Android搭載スマートフォン ※3

OS

Android 2.3、4.0、4.1、4.2、4.3、4.4、5.0、5.1

Webブラウザ

ブラウザ(Android標準ブラウザ)、Google Chrome ※1

※古いバージョンのOSやブラウザなど、今後メーカーからのソフトウェアアップデート、セキュリティ更新が提供されない環境での使用は推奨しません。
※1 Microsoft Edge、Google Chromeは正式にリリースされた最新のバージョンを推奨します。
※2 その他、通信回線の状況によっては、ページの表示、音声の再生等に時間がかかることがあります。
【日本語入力について】
日本語入力はローマ字入力のみ対応(カナ入力は非対応、iPhone、Androidのスマートフォンでは、フリック入力に対応)

 
  
Copyrights (C) 2005 IT創研 All Rights Reserved.